走る喜びを教えてくれた、ロードスターに感謝したい

以前、ロードスターNBに乗っていました。
免許取りたてで3年落ちの綺麗な状態のものが近所に売っていたので、一目ぼれで購入しました。

納車後さっそく初心者マークのマグネットを貼ろうとしたら、なんとすべてが曲線すぎて、どこにもマグネットがつきませんでした。今となっては良い思い出ですが、運転に自信が無い私は内心ひやひやしながら乗っていました。一応吸盤タイプの初心者マークを室内に取り付けましたが、窓にかなり傾斜があるタイプなので、後ろの車には見えていなかったのではないかと思います。

ロードスターNBを買ってから、実にいろいろなところに行きました。ロードスターは、年に一度軽井沢で大掛かりなミーティングがあるのですが、買ってしばらくは3年連続で参加していました。

ミーティングと言っても、軽井沢プリンスの駐車場に何百台もあつまり、見てまわったり様々なイベントに参加するだけなのですが、ロードスターは世界的に有名な車だけあって、本当に様々に改造やアレンジをほどこされた車が集まって、見ているだけでウキウキしました。その後軽井沢散策をして帰るのが定番コースで、途中で峠の釜めしを食べるのが楽しみでした。

私のロードスターはオートマ車だったので、車好きからみれば邪道だったのかもしれませんが、初心者の私に車の挙動を教えてくれた先生であり、相棒でした。

トップは幌なので紫外線で劣化し、3年ほど乗ると破けてきてそこから雨漏りするので補修が大変でした。

又、窓と幌の隙間に水がたまり、右折や左折、カーブのたびに車内に水が滴り落ちてくるのも今となっては良い思い出です。

私のロードスターは、かなり色々とこだわって改造を繰り返していましたが、車検に通るぎりぎりまで車高を下げていたため、ゲリラ豪雨で冠水しているエリアを通るたびにUターンを余儀なくされるなど、利便性はあまりよくありませんでしたが、その分ファントゥドライブを教えてくれた車です。

車もバイクも同じように、乗れば乗るほど大好きになっていく。一緒に年齢を重ねるからこそ時間も共有をしているのでしょう。

友人が最近バイクを廃車したようです。

原付バイクの廃車の手続き方法と経験者へのインタビュー

この記事にあるように、車もバイクも廃車する為には1日で簡単にできるものではありません。